03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~生産編②~ 

オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~生産編①~で、繁殖牝馬について触れましたが、今回生産編②では種牡馬選びについてです。

オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~生産編②~


競馬伝説Live!攻略ガイド@公式
http://www.k-den.jp/kl_guide/kouryaku/index.html

上記は、公式攻略ガイドです。ゲーム内で見る事が出来ますしオリジナル系統以外のニックスの確認も出来るので意外と使えますので、参考にどうぞ。



■生産に使う種牡馬は?

種牡馬には、一般種牡馬、カード種牡馬、全体公開種牡馬、馬主会公開種牡馬の4種類(5/11にシステムが一部変更されます)あり、無料アカウントの場合は馬主会公開種牡馬かカード種牡馬の選択が中心になるかと思いますが、その中から条件に合う種牡馬を選びます。
一般的に種牡馬に必要な主な能力は、遺伝・成長型・距離適性・馬場適性・持続と言われています。


競馬伝説-能力項目


競馬伝説-適正項目


◆種牡馬の遺伝力
繁殖牝馬が高い能力なら、遺伝はSSやSの種牡馬を選択するのが良いと思います。折角の高い能力を遺伝させない手はありません。さらに、繁殖牝馬の能力と種牡馬の能力が一致していると、SSSの発生確率が上がるという発表がありましたので、結局は繁殖牝馬の能力が高ければ、種牡馬も高い能力を持つ馬を選択しなければいけません。
さらに、遺伝CやDの種牡馬を使った場合、次世代産駒への悪影響を及ぼす場合があると考えています。結構前の事ですが、母父の遺伝力は少なからず産駒へ影響を及ぼすという記事を見た記憶があります。その生産ロジックが現在も変更されていなければ、何かしらの能力を産駒に伝える力を持っている可能性があります。なので、ある一定のレベルの繁殖牝馬が揃っているならば、通常の生産において遺伝CやDの種牡馬を使う必要は全くないと思います。

◆種牡馬の成長型

競馬伝説-成長状態の変化

馬の成長状態~公式より~

1.「この仔は、まだまだやんちゃですね、じっくりいきましょう。」
 → 成長前の状態
2.「この仔は、最近徐々に力をつけてきていますよ。」
 → 成長中で、能力が一つでも最大素質まで成長していない状態
3.「この仔は、まさに成長のピークですね。ガンガン狙ったレースに出していきましょう。」
 → 成長中で、全ての能力が素質まで成長している状態


目標が、オープンクラスや重賞での勝利な訳ですから、種牡馬を選択する前に目標とするレースをまず設定します。
馬主レベルアップ条件クリアを目的とするならG1勝利になりますが、さらに上を目指してどうせなら3歳クラシック勝利を目標にするのが良いと思います。Lv14以上の重賞勝利は、もちろんG1勝てればクリア出来ますし、G1勝利を目指す過程で重賞レースに出走する機会は多いと思うので、そこは飛び越え目標とした方が効率が良いです。この場合、自分であれば次の条件に合う種牡馬を選びます。

○遺伝:S以上
繁殖牝馬がある一定のレベルにある場合、遺伝SSやSを選択。そもそも、馬主会公開種牡馬はほとんど遺伝はSSとSで埋まってると思いますし、カード種牡馬も一般種牡馬も遺伝S以上が増えてますので、入手や選択には困らないと思います。

○成長型:やや早以降
普通成長が一番のお勧めですが、成長が間に合わない場合もあるので、3歳春~秋まで狙える「やや早」が無難。やや早には、成長型が2種類ありますが、産駒の出走レース等を確認し判断するか、種牡馬選択画面で成長型と距離でソートすると、『やや早、長→短』、『やや早、長→短』とソートされるので、そこで判断します。超早熟や早熟を使わないのは、僅かでも上がり補正を受ける為です。

○距離適性:中距離以上(600~800幅くらい)
距離を中距離以上と設定したのは、牡馬・牝馬どちらが産れても、皐月賞、桜花賞、東京優駿、優駿牝馬、菊花賞、秋華賞と対象6レースのうち出走出来る可能性があるレースが多いからで、短中等に距離が変更になった場合は、牡馬の場合は海外3歳クラシック、牝馬の場合は桜花賞からの海外3歳クラシックを目指す形となります。また、600~800くらいの距離適性の幅があれば、牡馬牝馬どちらが産まれても、成長や賞金が問題なければ2戦くらいは挑戦出来る可能性があります。海外遠征の場合は事前にオープンレースを勝っておく必要がありますが、3歳2月くらいまでに勝っておくと後々のレース選択が楽になります。上限が1500m以下になってしまった場合は、クラシックは諦めて短距離の重賞を狙います。距離適性が不明な公開種牡馬の場合は、産駒の出走履歴を確認したり、持ち主や周りの友人に聞くという方法が一般的です。

○馬場適性:芝
産まれた産駒の馬場適正が砂向きであっても、芝蹄鉄を使ったりと弱点を補ったりできます。同様に騎手も芝適正の高いカード騎手を使えば問題はないでしょう。

○持続:S以上
これについては、距離適性同様、競走馬の時に確認しなければなりません。
元の持続の能力がBであっても、限界突破させると最大SSとなりレースでは活躍するかもしれません。しかし引退させると、その表示すら無いので馬情報を眺めるだけじゃ判りません。産駒の成績を見ても判断出来ませんし、種牡馬の持ち主に確認をとる事が確実です。





関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:オープンレースは勝ったけど

2016/05/07 Sat. 16:39 -edit- Trackback 0 / Comment 3

△page top

« オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~生産編③~
オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~生産編①~ »

コメント

いっくんさんこんばんは。

うちはあまりクラシック得意な方ではないので何とも言えませんが、
最近は普通以降の成長型でもクラシックに間に合ったりもしますね。
いなちゃんさんのビューティマイヤンはダービー馬ですがやや晩の成長型ですしね。
ただ、こういった例は稀ですし、やはりやや早~普通くらいの成長型でクラシックを狙うというのが、
クラシック制覇への近道なのかもしれないですね。

|д゚)うちはいつ牡馬クラシックを獲れるんやろ…

331 #- | URL

2016/05/08 03:22 * edit *

こんばんは~(珍しく朝だけど つい癖で)
攻略系ブログ助かりますー。ファンサイトでゲーム始めたばかりの人や壁にぶつかってる人が一番望む記事が正に今いっくんが書いてるシリーズだと思うのですよ。現状新規ユザーさんはファンサイト内を見ると思いますし、役に立つ情報はすごく嬉しい筈です。
PS.私の方はゲームを楽しんでる感じで ぼちぼちかな?

りんご #- | URL

2016/05/09 06:33 * edit *

>331さん
そうなんですよね。
やや晩成くらいならいけちゃう時があるんですけど、きっとかなりアイテムも使うでしょう?
それだと大変なので、やはり「やや早~普通」くらいが良いのかもしれません。
331さんなら本気でクラシック取り組めばすぐなんでは?


>りんごさん
こんばんわー
セナさんにも聞かれたんだけどチャットだけで説明するのが大変なんでこっちにまとめてみようかと。
ただ、実体験というか体感的、こうしたら?な部分が多く占めるので、攻略系とは違った受け取り方してくれると、助かります。

鈴さんも何気にINしてたし、ゲームは楽しんで出来たら一番でしょう!

いっくん #- | URL

2016/05/09 08:53 * edit *

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ikun2008.blog102.fc2.com/tb.php/899-c1571e12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top