05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

56S7月1週 

さて、何気に更新されていた運営のブログ見たら「ん?」って感じだったので・・・コピペ

■上限解放に関して
 現状SSが上限ですが、SSS(S3)までの上限解放をおこなう。
 SSS解放によりレースタイムの見直しもおこなう。
 SSSの能力は従来の能力と異なり、100%発揮されるわけではない。


■新繁殖ロジックに関して
 ◇既存部分の変更
  従来の繁殖ロジックにSSSを決定するロジックを追加します。
  SSSの発生確率はいろいろな要素で計算され抽選をおこないますが、
  主に影響する要素は以下となります。
  
   ・種牡馬と繁殖牝馬の個々の能力による判定(一致するほど良い)
    種牡馬スピードA x 繁殖牝馬スピードA と
    種牡馬スピードS x 繁殖牝馬スピードSS を比較した場合
    前者のほうがSSSの出現率が高くなる。

   ・インブリードによる判定
    インブリードにおいては種牡馬の遺伝力が低い方が、

    SSSの出現率が高くなる。

   ・ニックス、アウトブリードによる判定
    影響しない。


 ◇新繁殖ロジックの追加
  SSSの発生確率に一番大きな影響を与える要素で以下となります。
  
   ・活性系統による判定
    活性系統に該当する系統の種牡馬を繁殖に使用した場合、
    SSSの出現率が高くなる。
    活性系統の詳細は後述。

   ・活性種牡馬、活性繁殖牝馬による判定
    該当する種牡馬、繁殖牝馬を繁殖に使用した場合、
    SSSの出現率が高くなる。
    活性種牡馬、活性繁殖牝馬の詳細は後述。


■活性系統に関して
 活性系統は毎シーズン変化する。
 ワールド中の全ユーザで共通となる「共通活性系統」と
 ユーザ単位で2系統が設定される「ユーザ活性系統」の2種類。
 活性系統は「活性種牡馬」「活性繁殖牝馬」の出現率に影響を与える。

  例)ユーザA、ユーザB、の活性系統
    共通活性系統:ノーザンダンサー系
    Aのユーザ活性系統:プリンスリーギフト系、ヘイロー系
    Bのユーザ活性系統:ネイティヴダンサー系、ロベルト系

 共通活性系統とユーザ活性系統が稀に一致することがあるが、
 その場合は「強活性系統」と言い、さらに強い効果を発揮する。

 ※共通活性系統は知ることができない。


■活性種牡馬、活性繁殖牝馬に関して
 ワールド中の全ユーザで共通の活性種牡馬と、ユーザ単位で設定される
 活性種牡馬、活性繁殖牝馬がある。
 活性系統に該当する場合は活性種牡馬、活性繁殖牝馬に

 該当する可能性が高くなる。
 ※活性系統ではない場合も該当するケースは存在する。
 活性種牡馬、活性繁殖牝馬にはランクとランクに

 紐づいた期間(3~10シーズン)があり、それぞれでSSSの出現率が異なる。
 
 ※共通の活性種牡馬に関しては、産駒の活躍度合から予測をたてるしかない。


■後天的な能力解放について
 ある競走馬が一定の条件を満たした場合、後天的にSSSのパラメータが
 解放されるケースが存在します。



今後の遊び方ですが、活躍している系統を探し、それを基に

活性種牡馬と活性繁殖牝馬を見つけて
繁殖に組み入れていくという遊び方に変化していくと想定しています。





さて、ちょっと仕事中暇だったので適当に想像でも書いてみましょう。↓



■上限解放に関して
 現状SSが上限ですが、SSS(S3)までの上限解放をおこなう。
 SSS解放によりレースタイムの見直しもおこなう。
 SSSの能力は従来の能力と異なり、100%発揮されるわけではない。

通常のパラ表示がSSSになるのかSSになるのか判りませんが、レコードタイムが更に速まるって事かな?さらに「SSSの能力は従来の能力と異なり、100%発揮されるわけではない」ってところで、考えられるのはアビリティ・馬主会特典(幸運の効果?)・武に続くタイアップ騎手カードの販売あたりで、発揮される確率の上昇を狙えるパターンかな?まぁ、結局は今まで見えなかった部分を見えるようにするだけ・・・とかw


■新繁殖ロジックに関して
 ◇既存部分の変更
  従来の繁殖ロジックにSSSを決定するロジックを追加します。
  SSSの発生確率はいろいろな要素で計算され抽選をおこないますが、主に影響する要素は以下となります。
  
   ・種牡馬と繁殖牝馬の個々の能力による判定(一致するほど良い)
    種牡馬スピードA x 繁殖牝馬スピードA と種牡馬スピードS x 繁殖牝馬スピードSS を比較した場合、前者のほうがSSSの出現率が高くなる。

   ・インブリードによる判定
    インブリードにおいては種牡馬の遺伝力が低い方が、SSSの出現率が高くなる。
   ・ニックス、アウトブリードによる判定影響しない。

現状のアスコットでは種牡馬・繁殖牝馬を見てみても、AとかBある馬を探す方が難しいでしょう。その点から考えても、わざわざSSSの出現率を高めるのに冒険する必要あるのかどうか・・・クワガタ使わないと、結局はすごーく低確率とかね。遺伝の低い種牡馬は正直代重ねの事を考えると、使えない。最低でもAくらいでしょう。そう考えると遺伝の部分はスルーでいいかな。


 ◇新繁殖ロジックの追加
  SSSの発生確率に一番大きな影響を与える要素で以下となります。
  
   ・活性系統による判定
    活性系統に該当する系統の種牡馬を繁殖に使用した場合、SSSの出現率が高くなる。
    活性系統の詳細は後述。

   ・活性種牡馬、活性繁殖牝馬による判定
    該当する種牡馬、繁殖牝馬を繁殖に使用した場合、SSSの出現率が高くなる。
    活性種牡馬、活性繁殖牝馬の詳細は後述。

ウイニングポストみたいだねw


■活性系統に関して
 活性系統は毎シーズン変化する。
 ワールド中の全ユーザで共通となる「共通活性系統」とユーザ単位で2系統が設定される「ユーザ活性系統」の2種類。活性系統は「活性種牡馬」「活性繁殖牝馬」の出現率に影響を与える。

  例)ユーザA、ユーザB、の活性系統
    共通活性系統:ノーザンダンサー系
    Aのユーザ活性系統:プリンスリーギフト系、ヘイロー系
    Bのユーザ活性系統:ネイティヴダンサー系、ロベルト系

 共通活性系統とユーザ活性系統が稀に一致することがあるが、その場合は「強活性系統」と言い、さらに強い効果を発揮する。

 ※共通活性系統は知ることができない。

「※共通活性系統は知ることができない。」って事は、ユーザ単位で振られる活性血統は知る事ができるのね。って事は、「俺、今Sは○○系が活性だから、おまえのその繁殖と種牡馬使わせてくれよ!」とか、始まる訳ですね。ってことは、セリなんかも、併せて活性化されるのかな?ただ、根本的な部分である人不足という点をどうにかしなければ、どちらにしても盛り上がらないかも。


■活性種牡馬、活性繁殖牝馬に関して
 ワールド中の全ユーザで共通の活性種牡馬と、ユーザ単位で設定される活性種牡馬、活性繁殖牝馬がある。
 活性系統に該当する場合は活性種牡馬、活性繁殖牝馬に該当する可能性が高くなる。
 ※活性系統ではない場合も該当するケースは存在する。
 活性種牡馬、活性繁殖牝馬にはランクとランクに紐づいた期間(3~10シーズン)があり、それぞれでSSSの出現率が異なる。
 
 ※共通の活性種牡馬に関しては、産駒の活躍度合から予測をたてるしかない。

とりあえず、活躍馬を多く出してる系統を使って生産すればOKって事かな?ただ、3~10シーズンで切り替わるのなら、種牡馬・繁殖牝馬ともに結構な回転率で回していかないと、ずーっと活性に当たらない可能性もあるのかな。逆に、「ぉ、あの種牡馬の産駒が活躍してるから○○系が活性っぽいな?」と思っても、判った時点で変わってる可能性もありって事も?
要は、ダビスタで言う「面白い配合」みたいな。。。多種多様の系統を含んだ種牡馬や繁殖牝馬、または多種多用の系統を使った生産をする事で多少は活性系統に当選する確率も上がるかな?ってことは、SSSが出現する確率もあがるって事でOKかな。


■後天的な能力解放について
 ある競走馬が一定の条件を満たした場合、後天的にSSSのパラメータが解放されるケースが存在します。

牧場長柏木のクエスト発生ですね?
「オ、オーナー。あちらの白装束の藩が攻め込んできました。このクエストをクリアすれば白装束を黒装束に一気に変えれますぞ!」
・クエスト成功時・・・白装束を黒装束に変更。さらに7大能力のうちどれか1つがSSSになる。
・クエスト失敗時・・・予後不良。

または、素直に能力解放カードの販売またはカード伝説G1の商品に組み込まれる。併せ調教の際に使用すると成功時にSSの能力がSSSに解放される場合がある。能力解放+10%、+20%とか次々と出現するw



今後の遊び方ですが、活躍している系統を探し、それを基に活性種牡馬と活性繁殖牝馬を見つけて繁殖に組み入れていくという遊び方に変化していくと想定しています。

さらに課金垢を増やしてトレード機能を有効活用し、多種多様な競争馬・種牡馬・繁殖牝馬を多数揃えないといけないという遊び方に変化する危険性があると想定しています。またあなたが課金垢の増設・KP課金する事により、渕上くん(サクラちゃん)の来夏~冬のボーナスも安泰ですw



最後の部分は近いものがある気がするけどね。想像なので面白半分で。
でも、色んな系統から強い馬が出る可能性があるのは、やっぱり良いね。零細系統も日のあたる場所に出れるチャンスが出来たから。後は、オリジナル系統はどう対応されるのかな?ミスプロ系が活性ならサウンドマックスも・・・とか、それともあくまでも別系統として見られるのか。たぶん、別なんだろうけどね。まぁ、ブログにまでプロデューサーの名前で書いたので、ちゃんと実行して欲しいものですね。以前の、上位Lv陣の調教施設とかなんだとかは、結局スルーだからね。あと、アスコットにも新人さんが入ってくるように、なんとかならないかな・・・
関連記事
スポンサーサイト

カテゴリ:個人的推測・検証・情報

2012/10/09 Tue. 17:01 -edit- Trackback 0 / Comment 4

△page top

« 56S8月2週
56S6月2週 »

コメント

お疲れ様です~今日は勤務日じゃね?という疑問は置いといてw

なんか面白くなってきましたねぇ~
これまでも新規のオリ種はユーザーが途絶えさせ
ないように裏パラが存在するんじゃって話を皆で
してたんですが活性系統って名称で世にでて来た
ようですねぇ~

さてこうなると系統マニアの鯖での価値が高まり
そうですねぇ~某会の黒い人やいっくんの時代が
到来かと~w

生産にかかる比重が高まりそうで今後のモチベも
多少は上がりますねぇーきっと

通りすがりのファーマー #- | URL

2012/10/09 20:35 * edit *

>通りすがりのうぐいす嬢さん
普通に勤務中ですが何か?
うちは、結局今まで「見せてなかった」部分を「見えるようにした」だけのような気がしますね。以前のアビや個性もそうだと思ってるし。

生産にかかる比重が重くなっても、「かなり~」言われた馬を種付けする方式は、きっと変わらないでしょうw

いっくん #- | URL

2012/10/10 15:26 * edit *

こんにちは!
ブログ楽しく読ませて頂きました。
もとから競馬自体は好きなんですけどまだ競馬伝説始めたばっかりなんで勉強なります!
また遊びに来させてくださいね♪

私は自分の持ってる性についての依存症についてブログ書いてます!
日々のなんてことないことも書いていったりするので
遊びに来てくださいね!
ttp://kasumin3333.blog.fc2.com/

かすみ #- | URL

2012/10/11 17:22 * edit *

>かすみさん
始めは大変かも知れませんが、頑張って下さい。

いっくん #- | URL

2012/10/12 17:21 * edit *

△page top

コメントの投稿

Secret

△page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://ikun2008.blog102.fc2.com/tb.php/677-61b2aa17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top