15日から体調を崩してブログはお休みしてました。

14日の極寒の運動会に参加して、翌15日の夕方。
会社で異常な悪寒を感じる・・・
しばらくして頭がクラクラしてくる・・・
一応体温を測定・・・38.3℃。。。
病院へ行き、診察。

医師「う~ん、レントゲン撮りましょう」
自分「ちょ、やばいんですか?」
医師「原因、知りたいでしょ?だからだよ・・・」
自分「は、はい。(この先生も原因判らないんじゃ・・・)」

って感じでレントゲン撮りまして、結果「気管支肺炎」という病名らしいです。
もちろん、喉にも肺にも良くないので、禁煙してくださいって言われました。
17日の午前中まで熱も下がらず、38~39℃を行ったり来たり。
何年ぶりでしょうか・・・座薬も挿しました。
昨日の夜に熱も下がって安定したので、一安心。

只今禁煙3日目。。。どうせなら、このまま止められないだろうかw



さて、昨日はドバイ砂2000m(G1)にイックヴァイカーレが出走。
結果は2着。1着と同タイムの2.01.1でアタマ差でした。。。
同じくドバイ砂1200m(G1)で同馬主会の馬顔大王さんが、1着だったので続きたかったんですが^^;

次走は、同じく海外の芝2000mのクイーンエリザベスへ。
今日の調子も馬体重±0、見える疲労も0という状況だったので、減量茶で調整。


そして、国内での毎日杯芝1800m(GⅢ)に出走したイックアウドレッドは
見事外から差しきって1着^^
これで、イックアウリュアレの初重賞産駒となりました。
やや重で1.44.5なら上出来のタイムじゃないかと思っています^^
この馬は、ドギーさんの種牡馬から一代重ねてイックアウリュアレに種付けした馬。
ちょっと配合部分で気になる事があったので、個人的に試してみた仔です。
1頭だけのサンプルなんで、気になるところは正解だったのか、それとも、遺伝SSで母の能力を引き継いだだけなのか。もうちょっと、サンプル数を揃えないとなんとも言えません。
今度はシステム牝馬使ってやって見ようかな。。。大量に^^;

イックアウドレッドは予定通り皐月賞へ登録。
強敵揃いですが、なんとかクラシック初制覇に向けて頑張って欲しい^^


入厩OKが出たので勝手に今Sの最大の期待馬にしてた、イックアウリュアレの仔に最後の現相を投入。

4-1現相

なんか、微妙な形になりました。
芝SSは、かなり嬉しかったんですが、その後現相入れて・・・

入厩時の現相のパラとピークになった時のパラが違うことがある!って聞いた事もあるので
それを信じるしかないですね^^;
どうやら、長所は瞬発力のようなのでそこをSSと仮定すると・・・
スタミナ・瞬発力・パワー・気性は、SS。
スピード・持続はS。
根性はA。
全部いい方向に考えると、こんな感じになりますでしょうか。

果たして最終的にピーク完璧になった時、どんなパラになってるのか?
併せ調教して突破したりしたらメモとっといて、かっこよく言えば検証したいと思います。

イックリマッシュ(ミルリーフ系)持続A・遺伝SS×イックアウリュアレ(ネヴァーベント系)持続SS
※種牡馬に因子付
~配合について~
普通のアウトブリード
~個性~
ガッツ×素直
~個性の能力への影響~
隣同士のカテゴリで配合を行った場合、根性と気性にプラス効果
配合を行う個性同士の反対隣にあるカテゴリに割り振られた、持続と瞬発力にマイナス効果




・マイナス効果の瞬発力が長所なんで、マイナスはどちらか一方の場合・両方の場合・マイナスにならない場合と3通りある。(5/18)
・プラス補正されるであろう根性が大きくマイナスされていそう。それとも、これから伸びるのか?(5/18)
・現相見る限り、持続はマイナスされていそう。(5/18)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP