昨日、凱旋門賞に出走したイックアテネは、ブービー賞を頂きました^^;

最後ギリギリシステム馬を差し切って、最下位を回避!

あのフリレのタイムじゃ、入着は有り得ない状態でしたので気にしません。

そして、調子落ちもしなかったので懲りずにBCターフに登録^^;
調子落ちしたら帰国→放牧→JC→有馬というローテにしようと思ったのですが、調子維持でしたので
そのまま海外で出走です。


先日、京成杯を勝ったラトイルファビアは、スワンSを使ってマイルCSのローテの予定。
調教失敗しないようにしないとね。。。いつも一番最初に気をつけて調教してます^^;
(管理頭数が多くなると、最後の方は何も考えず一杯×2とかやちゃうんで)

ここまで来ると、成長変化したとしか思えないイックアウリュアレはBCマイルに向けて調教中です。
ここが引退レースになると思うので、こちらも気を使って調教してるつもりです。。。

2歳は・・・寂しい限りで、「おっ?」と思うこともなく時間だけが経過しています。
きっちり計測してる訳でもないのですが、計測しなくても問題ないでしょう^^;

そろそろ、枠整理もしていかないとですしね。まぁ、ほとんどの2歳馬が引退する事になると思います。



そして、昨日ちょっと系統とか異系とか書いてしまって・・・
気になったきたのでアスコット鯖の系統分布を調べてみました。

といっても、持ってないカード種牡馬が多いのと、馬主会種牡馬などの産駒頭数がほとんど把握出来ないので正確ではありませんが、感じ的にはいい感じの統計が取れるんじゃないかということで・・・
血統分布率
1位はミスタープロスペクタ系だと思ってましたが、ヘイロー系。
ディープインパクト、アグネスタキオンの産駒数が突出してました。

2位のミスタープロスペクタ系は、色々な種牡馬にある程度バラける感じでした。
カード種牡馬・公開種牡馬とも色々選べますし。

結果を見て意外だったのは3位のロベルト系でしょうか。
タニノギムレット・ブライアンズタイム・ナリタブライアン・クリスエス・シンボリクリスエスなど平均した産駒数でした。

4位のダンチヒ系は、カード種牡馬のダンチヒ・デインヒル・公開種牡馬のロカラズール・ビートメイカー辺りの産駒数が多いです。

5位は、リファール系。カード種牡馬のダンシングブレーヴ・公開種牡馬のラウベリの産駒数が多い。

そして、もっと意外なのは8位のマキナセフィロト系。
毎S重賞・G1勝ち馬を送り出す大系統。既に直仔も種牡馬入しているので、ますます産駒数は増えると思います。

10位のニジンスキー系。頑張ってくれ~^^;
アスコット鯖の1位・2位・3位の系統とニックスになるんだからさ・・・





今日のアビリティ・・・なし

今日の限界突破・・・なし
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

うはーうはー
きっちり調べてるなぁーw
私みたいに何も血統の事考えずに走らせてると
どうでもいいもんです・・w
ただ、今はベックの血は良い形で残さないと!と
頑張ってますがなかなか・・・

No title

>鈴の介さん
良い形で残るといいですよね^^

仔がG1制覇とか孫がとか・・・

そういう楽しみを見つけると、ちょっと続けようかな?と思えます^^

PAGETOP