2017年04月18日の記事 (1/1)

88S4月1週

さて、明日のメンテナンスで、アビリティの消滅条件が緩和されます。

『運営のブログより抜粋』
①アビリティ消滅条件の改善

レースによるアビリティ消滅条件を従来の着順から1着とのタイム差に変更いたします。
また、格上挑戦(競走馬のクラスより上位のクラスでの出走)を行った場合は、消滅条件に該当しても、アビリティ消滅が免除されるようになります


という訳なんですが・・・

格上挑戦する場合は、アビリティ消滅が無し!
となるので、国内のGⅠを狙う場合は、ちまちま条件戦は使わないで、ピンポイントの出走登録が良いかも知れません。

これにより競走馬の賞金が足りない状況であっても、出したいオープン戦や重賞で出走頭数が登録可能である事が絶対条件ですが、効率的に馬主Lvを上げていく(決まったGⅠを勝たなければならない)のに便利かも知れません。特に成長遅めの競走馬なんかに良いんじゃないでしょうか?

未勝利でも条件戦でもとりあえず1勝する。

狙ったGⅠに登録する。
●狙ったGⅠに上がり補正を確実に持った状態で登録(出走)出来る。

●勝てればOK!
★勝てなければ、次の目標レースまでびっちり(突破、アビリティ習得、馬場適性の上昇)に費やし、条件戦で上がり補正を得て(2~3着が理想)、狙ったGⅠに登録(出走)する。もしくは、鉄砲補正を狙って8週以上間隔をあけて、目標レースに出走する。

の繰り返し。これを何頭かで行う事が出来れば、希望レースにプラスの補正を持ったまま出走する事が出来そうです。しかも、負けてもアビリティの消滅はなしという公式のお墨付き。

国内GⅠ勝利だけに徹するなら、重賞やオープンレースを使う必要が全く無くなってしまう訳で、ユーザーの少ないサーバーでは可能な戦略の1つになるのではないでしょうか。一応、1着とのタイム差がどれくらいで消滅ラインを超え、確率が高くなってくるかは判りませんが、フリーレースと現相馬眼でタイムはほぼ予想出来るので、ちょっとした確認は必要かも知れませんが。。。

さらに海外GⅠではアビリティの消滅は限りなく可能性が低い状態になるんじゃないでしょうか?海外に行くにはオープンクラスを勝っていないと駄目な訳で、そうなるとある程度のタイムで走る事は判り切ってますから、変に国内で走らせるよりアビリティの消滅の可能性が低くなるんじゃないかと。

既にオープンクラスの競走馬の上がり補正の維持は・・・

増設された海外GⅠレースを連戦

国内GⅠを狙う場合(併せ調教の場合)は帰国

海増設された海外GⅠレースを連戦

これは極端な例ですが、自身の厩舎が日本ではなく海外を拠点にしているかのようなローテーションがうまれるかもしれませんね。
スポンサーサイト