03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

88S1月3週 

昨日、生産ガイドブックを使って固有活性系統に抽選されたのは・・・

ハビタット系と、カルベローナ系

何時だったか、遺伝SSに上がったハビタット系の種牡馬とカルベローナ系の種牡馬を使って生産し、他に数頭活性系統とは関係ない種牡馬を使って生産しました。

ハビタット系の種牡馬は、Bやら何やらあったんですが、最低Sでボチボチ見れるパラになりました。
でも、ゲートが死んだんで2歳の期間調教してゲートが開花しなければ、そのまま引退種牡馬入りの予定。まぁ、開花したところで見た目はSSSでも中身は・・・ね。

それよりも、他に生産した新生グラシアスさんの全体公開馬であるマヒナオマージュ系、ネオショウキ号の産駒の方が出来が良い。24-34なんで長距離ですが、とりあえずまだ勝ったことのない菊花賞を目指してみようと思います。イベントのブルボン産駒に押されそうな感じがしますけどね。

あと、アルミサエル系も見た目が整ったのが産まれたので、こちらもボチボチ。


で、先ほど本日の生産のためにガイド使いましたが、抽選されたのは

サドラーズウェルズ系と、ルナベルエキップ系

なんか、ガイドの引きが今Sは個人的には良くてびっくり。
こちらも数頭生産したので、明日の結果待ちと。

生産イベントの効果が出てるんだろうか。
それとも、単に引きが良いだけなのか。


今Sは、幸先よく重賞勝てたので、3月のドバイに飛ばしてみようと思います。
スポンサーサイト

カテゴリ:競馬伝説日記

2017/04/07 Fri. 23:53 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top