2016年06月の記事 (1/1)

82S8月3週

移管1周年イベントスタート


G1馬からの挑戦状
第1弾

本日6/30よりスタートするのが、6日間日替わりでG1馬が出走するフリーレースイベントが開催されています。
シークレットレースとなっていますが、出走条件も既に公式にあるとおり、シークレットではないですね。この辺は、本当にシークレットにしてもらっても良かった気もしますが・・・

出現レース

さて、本日の対象は
モーニン 東京 砂1600m

午前中にチラッとINしたときに、名駿さんが鍵付けてフリレしてたんで、潜入してご一緒させてもらって無事GET!

1周年モーニン

いきなり、潜入して回してもらって、ありがとうございました<(_ _)>
でも鍵かけてもあっさり入れる(入られる)事が多いんだから、鍵かけなくても良いんじゃないかと思いますけどw

自分はSSSの導入とアビリティ実装から計測もほとんどしなくなった(持ちタイムの大体の把握は出来るのは判るんだけど)し、フリレは決まった方に撒く時以外は鍵かけないし。まぁ、鍵かけて計測するような馬も居ないし、入ってくるような人も居ないんだけどね。

このくらいのシステム競走馬の強さなら、この距離を走れる競走馬を持っている方は、ほぼクリア出来そうな気もします。そのくらいの設定です。基本、EX種牡馬は目的が無いと生産には使わないので、アビリティGETの為調教カードとして使用する事になりそうです。

さて、明日は3200m祭りです。
どっかで、名駿さんを見つけよう。。。


スポンサーサイト

82S8月2週


競馬伝説Live!運営チーム~ブログ更新~


かなり遅くなってしまいましたが、明日のメンテナンス以降からですね。
詳しくは、下記をご覧ください。


6/24 1周年イベントと今後のアップデートに関しまして
http://ameblo.jp/k-den-official/entry-12173943889.html


①種牡馬シンジケートのメール改善
えーと、今Sは馬主会種牡馬ばかりで生産したのでよく判ってないのが正直なところ。5月~6月前半は、忙しかったし。これから少しづつ、種牡馬シンジケート仕様を理解しようと思います。お陰さまで2頭全体公開可能になりましたので。

とりあえず、昨Sも応募したような気がするんだけど、どうやったら良いのか・・・生産については完全に置いてかれてる状況。



②1周年関連のイベントについて

早いもので、もう移管してから1周年ですか。
今くらいでしょうか。
運営チームのブログにも、川Pが登場して頑張るよー的なポジティヴ感満載だったのは記憶しています。それにより、ユーザー間でも、「また、どうせ裏切られるんだ!」と「今度は違うんじゃない?」って声がチラホラ。
今はどうでしょう。「うん。まぁ・・・それなり?こんなもんじゃない?」って声が多そうですけどね。

喜寿イベントのエクセル集計表作ってた頃かな・・・懐かしい

さて、色々あったけど移管してから1周年。

1周年イベント事前告知!
http://www.k-den.jp/kl_event/201606/14kokuchi/index.html

第1弾 GⅠ勝利馬からの挑戦状
第2弾 1周年イベント開催
第3弾 馬券王選手権開催
第4弾 地方カード伝説更新


全部で4種類かな。あと、サプライズイベントもある?ようですので、期待して待ちましょう。
10連で、必ずRやSRが出るとかね。。。モンスターストライクの金確定ガチャみたいなものだけど、カー伝絡みは止めて欲しいね。
でも、やればそれなりの売上になりそう。



③今後のアップデートについて

7月末予定
・一般種牡馬のアビリティ付き導入
・新系統の追加


新系統の追加ですが、何回に分けて新系統を追加していく予定です。
メジャーなところですとサンデーサイレンス系とかになりますが、この系統を追加してほしいなどございましたら公式ページのご意見フォームよりご意見をいただければと考えております

どういう形で追加となっていくのかはまだ判りませんが、血統に楽しみを見出す方としては楽しみではあります。
ディープインパクト、アグネスタキオン、ステイゴールド辺りは、サンデーサイレンス系になるのかな。どこまでが変わるのか・・・それに対し、ニックスの増加も期待出来そうです。

ネアルコ系、ドンカスター系とかね、ニックス対象が少ない系統については、カード伝説とかで入手したとしても、血統を繋げる意味では ニックス相手が少ない&居ない=絶滅 と隣り合わせな訳なんで、新規で追加対象を作ってくれると助かるんだけども。



8月以降ですが、
・全体公開馬によるリーディングサイアー制度導入
・冠名レースの導入
・デイリーミッション
・番組表更新



とりあえず、8月以降もアップデート予定が満載です。
上記の予定見る限りでは、それなりにユーザーの意見も取り入れてくれてるようですので、どんどん意見を残した方が良さそうですね。
ただ、デイリーミッションは忙し過ぎない?週間ぐらいでも良いと思うんだけども。ただ、それなりの難度というか、回数が必要な物を用意するとかね。



もしかすると、近々アスコットサーバーでイベントがあるかも?らしいです。
まだ、週刊誌の「関係者によると」レベルですけど。


オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~産駒誕生育成編⑦~

オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~産駒誕生育成編⑦~


競馬伝説Live!攻略ガイド@公式
http://www.k-den.jp/kl_guide/kouryaku/index.html

上記は、公式攻略ガイドです。ゲーム内で見る事が出来ますしオリジナル系統以外のニックスの確認も出来ます。意外と使えますので、参考にどうぞ。



■個性に関わるアビリティ

ハイペース・・・・個性が影響する能力にプラス効果がある。
ハイペースS・・・個性が影響する能力に(ハイペースよりも)更に大きなプラス効果がある。

スローペース・・・個性が影響する能力にプラス効果がある。
スローペースS・・個性が影響する能力に(スローペースよりも)更に大きなプラス効果がある。

ペース系アビリティは、通常の調教では習得出来ませんが、レースのペースが(ややハイペース、ハイペース、ややスローペース、スローペース)で勝利した翌日に習得出来る可能性があります。
ハイペースはスピード系個性(超特急・スピードスター)、スローペースはスタミナ系(エネルギッシュ・鉄の心臓)と持続系個性(ランナー・エンドレス)で習得可能です。レースに出走する状態になる前に個性が判別している場合、狙ってみるのが良いでしょう。

ペース系アビリティのおすすめの習得方法
所属するサーバーにもよりますが小頭数でのレース(新馬・未勝利戦など)が狙い目です。とりあえず、自身の馬の脚質はハイペースにしたければ逃げ、スローペースにしたければ追込みに設定し登録しましょう。他の馬の登録状況や、システム馬の脚質にもよりますがある程度のペース調整が出来るはずです。
ハイペースS、スローペースSは、現在カード伝説で手に入れられるカード種牡馬でのみ習得可能なアビリティですので、機会があれば習得に挑戦してみるのも良いかも知れません。


個性が影響する能力
個性が影響する能力についての詳細は、色々探しても記載がないのですが、下の画像の対応する能力で良さそうです。

個性アビリティ表


個性がスピード系個性(韋駄天・超特急・スピードスター)の場合、スピード能力にプラス効果。

これは、あくまでも推測の域ですが、パーフェクトフォーム(表示:左上)、ソニックフォーム(表示:右上)を習得している場合は、それぞれ追加効果。もしくは、スピードSS相当(表示:左上)、瞬発力S相当(表示:左中)みたいな複数の能力をUpする可能性もありそうです。
個性、アビリティ、SSSの導入後、レースタイム(フリーレース含む)が安定しない、アビリティの効果をなかなか判断出来ないので確認するのは非常に困難というか無理でしょう。ペース系のアビリティは通常調教では習得出来ない、ある意味レアアビリティですので機会があるなら積極的に習得を狙って間違いはありません。



強心臓・・・・・・重賞レース時、個性が影響する能力にプラス効果がある。
剛心臓・・・・・・重賞レース時、個性が影響する能力に(強心臓よりも)更に大きなプラス効果がある。

ペース系と違って強心臓は通常の併せ調教で習得出来ます。その効果はペース系と同様に個性が影響する能力にプラス効果です。ただ発動条件が「重賞レース」のみとなります。重賞レースはGⅢ、GⅡ、GⅠの各レースです。目標がGⅠ勝利な訳ですから、こちらは可能な限り習得したいアビリティです。剛心臓は現在カード伝説で手に入れられるカード種牡馬でのみ習得可能なアビリティですので、機会があれば習得に挑戦してみるのも良いかも知れません。



◎複数の能力Up系アビリティ

ロケット加速・・・・レースでの持続能力と瞬発能力にプラス効果(SS相当)

数あるアビリティの中で、パワー系のレア個性「怪物」でのみ習得可能なアビリティで、効果は競走馬の能力が2種類もSS相当になってしまうという驚異的なアビリティです。
No.6748ジオポンティ、No.7057ゴールデンホーン、No.7163ランドなど、どれもマーケットで購入すると数百億する種牡馬カードですが正直なかなか手が出る金額ではありませんし、アビリティを必ずしも習得する訳ではなく数百億、数千億使っても習得しない場合もあるのです。
例えばジオポンティは、個性闘神、アビリティ3種持ちですが※ロケット加速(レア)・ウルトラタフ(レア)・マッスルアーマー(レア)、通常だとロケット加速を習得する為には、個性が「怪物」でなければなりません。しかし、レア個性に個性変化する確率は極めて低いので、種牡馬カードを調教カードとして使用する訳ですが、幾つか前の記事に書いた個性を効率的?に習得する方法を応用します。

ジオポンティのカードを調教カードとして使用する前に、ウルトラタフ、マッスルアーマーの2種類を習得しておきます。ウルトラタフ、マッスルアーマーのアビリティ持ち種牡馬はマーケットでも数十億で購入出来ますし、そうすることで、ジオポンティのカードを使用した際に、ロケット加速以外のアビリティを習得して愕然とする事は少なくなります。もちろん、失敗はありますが確率を上げるという事を考えると、数百億のカードを何枚も購入し使用するより資金的にも、他のアビリティを習得できる可能性を考えても数十倍も効率的です。
因みにロケット加速持ちのカード種牡馬で2016/6/25現在、No.7251ラニが200億で一番安く購入出来ますので、資金に余裕がある方は瞬発力と持続がSS相当になるので試してみる価値はあります。ご存じかと思いますが、どのアビリティも元の能力がSSでその能力の対象となるアビリティを習得した場合、さらに追加効果が期待出来ますので、習得機会があるなら挑戦するのが良いと思います。


オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~産駒誕生育成編⑥~

オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~産駒誕生育成編⑥~


競馬伝説Live!攻略ガイド@公式
http://www.k-den.jp/kl_guide/kouryaku/index.html

上記は、公式攻略ガイドです。ゲーム内で見る事が出来ますしオリジナル系統以外のニックスの確認も出来ます。意外と使えますので、参考にどうぞ。


■どんなアビリティが有効なのか?

たくさんの種類のアビリティやレアアビリティがありますが、実際に有用なアビリティはどれなのか。
たしか現仕様では習得数に限りがないので、発動するしないは別として、多くアビリティを習得していた方が良いという事で、自分も含め多くのユーザーが試行錯誤しています。しかし有効な手立ては確立されておらず、現状は海外カード伝説の種牡馬を調教カードとしてセットして併せ調教するという事が、一番習得率が高く一定期間内であっても数多く習得出来るはずです。
ただ、上記方法は莫大な資金が必要になってきますので、少し違った方向からアビリティを考えてみます。

まず、下記画像をご覧ください。
(※購入したシステム競走馬の為、脚質、距離が判明しています)

競走馬能力

競走馬の能力、スピード、スタミナ、ゲート、瞬発力、根性、パワー、気性、持続がありますが、この8項目全てに対し対応するアビリティがあります。これについては、いくつか条件があるものの習得すると能力をS相当、SS相当、SSS相当の効果が見込めるという様に、能力に直接影響するアビリティです。

各能力に対応するアビリティ

上記アビリティですが、追加効果を受ける事が出来る条件(スピード系なら1800m以下の距離)以外でも、習得し発動すると直接レースタイムの短縮に影響するので、正直なところ全部習得するのが一番です。

ここでは、上記以外のアビリティに注目してみます。

◎かなり有効な体力系アビリティ

体力系アビリティ
~骨太・ウルトラタフ

体力系アビリティの基本効果は、「レース時に発生する疲労のマイナス補正をほとんど受けない」です。
骨太、ウルトラタフと2種類ありますが、どちらも発生確率が違うだけで同じ効果です。さらに、追加効果で「レース後の疲労と調教疲労が減少」がありますが、実はその中の「調教疲労が減少」、これがかなり有効。レースタイムの短縮には直接影響が無いものの、間接的に大きく関わってきます。

アビリティ習得や限界突破する為の効果的な調教は併せ一杯ですが、体重の減少と疲労の蓄積が大きく、疲労に至っては調教後に高級なカイバを与えないと、翌日も疲労が残った状態となります。

下の画像をご覧ください。
アビリティを何も持たない競走馬と骨太を持った競走馬の調教後の疲労の残り具合です。

骨太効果

しかし、骨太を習得するとハチミツで翌日には疲労が残らない状況になりそうですね。今回は、入厩して調教している馬の画像を使用しましたが、放牧明けからだと、+30㌔から計算すると3回はハチミツだけで済みそうですし、ちょっと足りなければ、高麗人参で十分だと思います。さらにBCサーバーやマーケット機能が実施されてから比較的安価になった宇宙食を使用すると倍くらいは普通に併せ一杯で調教出来そうです。途中、柏木フルーツや千夏おにぎりを飼葉として与えれば、放牧出さなくてもいけそうですね。
上記画像は、骨太のみを習得した場合ですので、「ウルトラタフ」を習得した場合は「大盛カイバ」や「特盛カイバ」で馬体重を調整するだけで、相当調教をハードにする事が出来ます。


体力系のアビリティを習得することでにより

調教後の疲労が減少する

調教回数が増加

アビリティ習得や限界突破のチャンス増加とエサの節約


※牧場に見えない疲労回復効果を持つペットを飼育していない場合は、併せ調教時の調教カードに疲労抑制カードをセットしなければ、一度の放牧で見えない疲労がとれない場合があるので、注意してください。



次回に続きます。

82S6月3週

先日の東京優駿。
出走したゴナゴナゴーナー(ネアルコ系)。
※名前の由来は、「ドナドナド~ナ~ド~ナ~ 子牛を乗せて~」からで、荷馬車に乗せて、乗馬クラブだろうなと思ったから。


結果は、1着。
自分の厩舎で長い事繋いできた血統なんで、これは嬉しかったです。
一番最初・・・30Sにイックトルネコが未勝利戦に出走して以来なので、50Sですか・・・我ながらよく繋いだものだと。

牝馬では、秋華賞勝てたりしてたんですけど牡馬で活躍馬が中々出なかったから。まぁ、タイム的には、例年と比べても特別良いタイムでも無かったので、運が良かったかなと。

最後の直線、Pさんの馬と競っていたんですが、一気に引き離されるんじゃないかと久しぶりにレース見てドキドキしました。


ゴナゴナゴーナー戦績

ちょっとレース選択を誤って、急遽青葉賞に出走するも3着までにと思ったら、出来すぎの1着。
無事、上がり補正(成長は、やや早)を持ったまま本番を迎えれたのも良かったかなと。

ゴナゴナゴーナー

近況メールを確認すると、まだピークになって無かったようですが、大きなタイム短縮もなさそうです。現在放牧中なので、これからは、古馬との対戦となってくるので正直厳しくなってくると思いますが、今S中は頑張って貰いたいと思います。

ゴナゴナゴーナー血統


これで全体公開出来るようになった訳だけど、ニックス相手がサドラーズウェルズ系の1系統のみ。。。判ってたことだけど、需要があるんだろうかとも思う。

アスコットのオリジナル系統のネアルセポート系は、同じネアルスタからのネアルコ系からなんですが、こちらはPさんのサバクノキツネ→たくさんのロッカリットリオとG1馬を輩出。ロッカリットリオ産駒では星野さんの産駒がサザンタサハラが良いっぽい。サバクノキツネは、ロッカリットリオと普通成長になったさーぜるさんのカイデンパサバクが後継となって今後繁栄していってほしいと思います。

ゴナゴナゴーナーの種牡馬入り後はもちろん全体公開します。そして、何時かBCサーバーでこの系統の仔が活躍してくれたら良いなと思います。


そうそう、ブログのテンプレートも変えてみました。
少し目に優しそうな色合いに。
そして、RSS配信の無い公式からのお知らせが受信出来るかどうかのテストも兼ねています。どうしても、お知らせってゲーム起動したら、すぐゲームスタートボタン押すので正直中々見ないんですね。
今回の種牡馬株アップデートなんかがある場合は、見ますけども。でも、ちょっとした更新でも気になるところは人それぞれだからね。で、ゲームしながらブログ巡りする人も更新状況が把握できるようにと思ったんだけど・・・次のメンテナンスで上手く受信してくれるかどうか。


オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~産駒誕生育成編⑤~

オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~産駒誕生育成編⑤~


競馬伝説Live!攻略ガイド@公式
http://www.k-den.jp/kl_guide/kouryaku/index.html

上記は、公式攻略ガイドです。ゲーム内で見る事が出来ますしオリジナル系統以外のニックスの確認も出来ます。意外と使えますので、参考にどうぞ。


アビリティの質や習得数によって、レースでの有利不利がある訳ですが、どうせなら少ない調教回数や色んな面での消費を抑えていきたいのは、全てのユーザー同じだと思います。
ここから先は、実体験や感覚に基づいた記述が多くなる可能性があるので、ご了承ください。

■効率的?なアビリティ習得方法


前回の記事で、個性の判別方法とその個性で習得可能なアビリティについて記述しました。

習得アビリティ

上記のように1つだけアビリティを覚えた競走馬が居ます。
個性アビリティ表と照らし合わせると、個性は「気性系」の素直、クール、天馬、3種のどれかだという事が判明します。という事は、対象個性3種全てで覚えられるのは「折り合い」と「従順」2種類ですね。という事で、この2種類を覚えさせる事をまず考えます。

期待する馬には、高Lvの調教助手を使いましょう。経験的にLv10のカード調教助手(期限有り、無し関わらず)なら、ほとんどマイナスアビリティを調教時に覚える事はありません。マイナスアビリティの習得回避だけではなく期限ありのダービーガールは下記の特殊効果を持ちます。

特殊効果A・・・調教中の競走馬が限界突破をした時、通常よりも限界上昇値が伸びる。
特殊効果B・・・調教中の競走馬は通常よりも限界突破をしやすくなる。


ダービーガールがA、Bどちらかの特殊効果を持つかの確認は、下記公式ホームページで確認出来ます。
ダービーガールプロフィール
http://www.k-den.jp/kl_event/201404/DGlist/profile.html#01


マイナスアビリティの回避+通常調教効果+特殊効果=ダービーガールなので、数枚持っているならば助手に設定するのが、競走馬の成長には良いのかもしれません。

効率的&効果的?なアビリティ習得向けて助手をセットし準備をしましたが、個性によっては、マイナスアビリティを習得する可能性がある調教もあります。しかし、そんな事は気にせずに併せ調教が調教時に一番高い確率でアビリティを覚えるはずなので、調教は併せ一杯もしくは併せ強直一のみを疲労と体重を見ながら選択しましょう。

しかし、闇雲に併せ調教をしてアビリティを覚えても、効率&効果的とは言えません。

併せ調教画面

上記は併せ調教するときの画面ですが、正直なところ相手にどの競走馬を選んでも大差ないように思います。
自分が多少気にしているのは、表示があるので「年齢」「性別」「調子」の3点。一応、年齢と性別は併せるようにしたり、相手の調子は☆を選んだり、気が向けば覚えさせたいアビリティを習得している競走馬を選んだりとか。ただ、どうやってもアビリティ習得率が格段に上がったという事はありません。

それよりも、画像の中央くらいですね。
「調教カードを指定します」の文字。調教カードを使う事により、格段にアビリティ習得率が上がります。
カード選択ボタンもしくは□の内側をクリックすると、下記画面になります。

併せ調教_カードセット

アビリティを習得したいので、カード種牡馬を選択し習得させたいアビリティを持ったカード種牡馬をセットします。
上記、気性系の個性3種全てで覚えられるのは「折り合い」と「従順」2種類なので、今回はアビリティ「折り合い」を持ったカード種牡馬のコイントスをセットします。
併せ調教時のカードセット3枚のうちカード種牡馬をセット出来るのは1枚だけですので、今回は疲労抑制カードも同時にセットしています。疲労抑制カードは併せ調教時の肉体疲労、精神疲労の抑制に効果があるのでペットでナイチンゲール等を牧場で飼育していない場合は、積極的に使用しても良いと思います。

併せ調教_アビリティ

自分はこの方法でかなりの確率でアビリティを習得しています。
アビリティ2個持ちのEX種牡馬を40億前後でマーケットで購入し、闇雲に使った時期(喜寿イベントの際)もありましたが思ったほど習得しませんでした。もちろん、海外カード伝説で入手、またはマーケットで300億~以上のアビリティ3個持ちのEX種牡馬だと、違う結果になったかも知れませんが。こればっかりは、ゲームと現実両面の自身の資金と相談になってしまいます。
ただイベント後上記方法を試してみた2Sほどは、習得確率は上がっている感じがするので、全く検討違いでは無いのかも知れません。

◆個性変化
しかし、この方法では折り合い、従順等を習得すると頭打ちになってしまいます。
ここでアビリティ2種持ちや3種持ちアビリティ種牡馬の出番です。低Lvのカード種牡馬でも個性変化は置きますが、中々変化してくれないので、勿体ない気もしますが高Lvのアビリティ複数持ちカード種牡馬で現個性以外のアビリティ習得を目指しつつ、個性変化の確率を上げていきます。
個性変化-千夏コメント


◆ログインチャンスイベント

ログインチャンス_限界突破

現在、ログインチャンスで限界突破イベントが行われています。
限界突破の確率が通常の○倍になるというイベントですが、これが馬鹿に出来ません。
下記のような感じでカードセットすると、限界突破の確率が90%で限界上昇値が+5です。

併せ調教_限界突破

オールSSSの競走馬でも無い限り、一度くらいは限界突破しそうな感じなので、3歳クラシックを目指すには各サーバーの上位陣に先着しなければならないので、1回の調教も無駄にしたくないはずなので、こういったイベントの時は積極的に利用した方が良いと思います。


そして、限界突破イベントが終了すると、結構な確率で下記イベントが来ます。

ログインチャンス_アビリティ

限界突破イベントと同様に、競走馬育成のタイミングが合えば積極的に利用すると、確率は低いですが期間中に5~6個アビリティを習得出来る場合もあり、さらに1度の調教で2~3個習得する場合もあります。
ただ、あくまでも確率です。しかも、「1粒で2度美味しい」のはかなり低確率ですし、稀に全くと言って良い程アビリティを習得しない競走馬も居る事も事実です(マーケットで数百億をつぎ込んでも)。なので、過度な期待は禁物ですが、折角の期待馬で手持ちカードや資金を消費しているんだから、それなりの結果は欲しいってのが本音なんですけど、こればっかりは同世代にどんな競走馬が産まれてるかにもよるので、何とも言えません。
ただ、カードも資金も使うと決めたら中途半端ではなく思いきって使う方が、自分的には良い結果が出てる気がします。


もう少しでこの企画も終了ですが、次回もアビリティ関連です。

オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~産駒誕生育成編④~

オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~産駒誕生育成編④~


競馬伝説Live!攻略ガイド@公式
http://www.k-den.jp/kl_guide/kouryaku/index.html

上記は、公式攻略ガイドです。ゲーム内で見る事が出来ますしオリジナル系統以外のニックスの確認も出来ます。意外と使えますので、参考にどうぞ。


■個性の判別とアビリティ習得

重賞、GⅠ勝ちを目指す上で、現仕様ではアビリティの習得は必須です。
レアアビリティを3つ持ったEX種牡馬を使って生産した場合、既にアビリティを3つ持っている状態で誕生する為、2歳~3歳前半のクラシック競争、海外レースではかなり有利な状況となる訳ですが、簡単に手に入れられるカードでもありません。 が、手に入れた場合は、積極的に使用して生産するのも良し、期待出来そうな馬に併せ調教時に使うアビリティ種牡馬として使うも良し、どちらにしても高価なものですので良く考えてみましょう。

そのレースの勝ち負けを左右するアビリティですが、どうやって習得させていくのが色んな面で効率的なのか、考えていきます。

まず最初に競走馬の個性を判別したいと思いますが、競走馬の個性はアビリティの効果的な習得と切っても切れない関係です。

個性アビリティ表
※たぶん、間違ってないと思います。
※レアアビリティは赤、マイナスアビリティは青、微妙な位置付けの自在脚は紫。

上の画像を見ると判るように、通常であれば競走馬の個性によって、習得出来るアビリティが決まっています。スピード系の個性であれば、パーフェクトフォームやソニックフォームなど大まかに個性に関連のあるアビリティが習得できます。調教時に下記画像のように、個性が変化する場合があります。個性変化については、次回以降に記載したいと思います。

個性変化-千夏コメント


個性を判別する方法としては、習得したアビリティにより判別チャレンジクエストにより判別の2点が主となります。

◆習得したアビリティによる判別
単純に、競走馬が習得しているアビリティにより、個性を判別します。その判別は、上記、個性アビリティ表を見て対応するアビリティと個性を確認します。この方法が一番簡単で確実だと思います。そして、その確認をする際に現在の個性で習得出来るアビリティが何であるのか、メモっておくと良いでしょう。

<例>スピード系の個性で既にカミソリの切れ味を習得している場合
パーフェクトフォーム、ソニックフォーム可能性あり  とか。
※中々レア個性にはならないので、上位まで習得可能なアビリティだけで十分です。



◆チャレンジクエストによる判別
調教時に発生するチャレンジクエスト画面の登場人物により、個性の系統が判別出来ます。

○スピード系 田中卓、幸田誠一、村上遥
○スタミナ系 田中みえ、日下美沙、シルヴァ
○持続系   元木誠、滝本沙織、田辺俊介
○瞬発力系  舘岡智子、矢野千佳、寺島静
○根性系   玉木栄治、山下武、友部夕子
○パワー系  浅田純、吉田秀雄、岸本雄二
○気性系   高峰浩平、鹿島武宏、時任ジュディアンナ
○体力系   大凪聡史、小倉大輔

ただし、こちらは覚えるのも面倒だし、個性と表のアビリティをチェックするだけで十分です。
自分もそれだけでやってます。


番外◆EX種牡馬使用による判別
アビリティ持ち種牡馬カードを使用する事で、種牡馬が持ったアビリティの数だけアビリティを持った競走馬が誕生します。3つあれば3つですね。単純に、その持ったアビリティを確認し表と見比べるだけで入厩前に個性と、その個性で習得可能なアビリティの種類を把握出来ますので、入厩OKまでの数日は調教計画立てる事も可能です。ただし、EX種牡馬カードを使用した場合、どのアビリティを持つかはランダムで決まるようです。ごく稀に、3つアビリティを習得しているが、競走馬の習得可能アビリティ欄に表示されない場合があります。その場合は、その習得しているアビリティと一致しない個性である事が判ります。

個性が判別すると、習得出来るアビリティが判別する。逆に、アビリティを習得すると個性が判別する。こんな感じで、個性とアビリティは相対する関係である事を覚えておいてください。

次回は、個性判別後のアビリティ習得についての予定です。



82S3月5週

競馬伝説Life!(仮題)~「競馬伝説Live!」を木陰からひっそりと見守るブログ~
http://ameblo.jp/jka119/entry-12168581408.html

全くと言って良い程、ひっそりと見守って無い気がします・・・むしろ真剣に考えてる方ですね。

上記ブログで、ネタの提供をいただきましたので「オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~産駒誕生育成編④~」は、延期になります。

さて、ウチの馬主会ですが、HEと呼ばれてますが、「卑猥エンタープライズ」と言います。
うん、ドギさんと同じくだりになりましたが、これは大事な事なので。

さて、出題されたお題は

「実質引退した垢をどう扱うかみなさんも考えてみませんか?」

                                       というテーマですね。

そのテーマに沿うかどうかは、判りませんが。。。除名した事に驚きだったようで。まぁ、実際のところ今まで気にした事もなかったんですけど。
今回は、数名除名させていただきましたが、一時から比べると、どこのサーバー、および馬主会でもアクティブユーザーは減っていると思います。HEは元々、実人数は少なくサブアカウントもHEに在籍している方が多かった馬主会です。

名誉会長のひまわりさんを筆頭に、おにさん、徹底先行さん、ドギーさん、と続いて、現在は自分が会長を務めています。

馬主会のメンバー人数も少ないし、放置アカウントがあっても良いと思っていますが、除名に踏み切ったのは・・・


○ここ数S生産しに来る馬主の増加
そもそも、馬主会特典はどの馬主会も似たり寄ったりでそんなに変わらないと思うんですが、それでも生産しに来てくれる馬主さんが居るので、整理したかったというのもあります。
人数が多い馬主会だと、「種付け留学の時は、馬主会メールは必要なし」ってところもあるようですが、個人的にはあって良いと思います。会のメンバー全員が、余所から誰が来てるのかも判らないし、どのアカウントが誰なのかも判らないから。生産時期しか来ないからこそ、必要なんじゃないかと思っています。


○アクティブユーザーの把握
上記の続きにもなってくるんですが、昔からいる先輩メンバーがINして無い事は判る(引退するよって自己申告もありました)んですが、自分が会長を務めてから入会してきたメンバーは、自然消滅というかいつの間にかINしなくなった方が多く、復帰するのかどうかも全く判らない。今までこのゲームを続けてきましたが、そういう方は高確率で復帰してませんね。報告しようにも、IN時間が合わなかったのかもしれませんが、その為にメールがある訳ですし連絡ぐらいはあっても良かっただろうと。他サーバーでプレイされてる方も居るようですが、まぁ残念です。会長の不徳とするところでしょうか。ただ、それなりの年齢の方がプレイしていたので、最低限の事だと個人的には思います。


○公開されていた種牡馬の解除
放置アカウントを置いておく理由がなくなったのが、一番かなと。
今まで、必要無いなと思っていても残しておいたのは、馬主会公開されている種牡馬が居たから。少なからず生産している方も居ましたし。アクティブな会メンバーにとって少なからず有益だったから。それが、今回のアップデートで一旦全て解除されたので、INする可能性が無いので公開する方法が無いという事。

それでも、昔からのメンバーを除名しないのは本当に色々お世話になったから。
ただのクリックで除名なんて、自分の手では出来ません。
徹底さんなんて、INして馬主会メール送ってくれた事もあるし、魚政さんだっていきなりランプが付いて「ぎゃははっははh」って言って落ちて行った事もあったっけ。HEのメンバーは意外とINだけする事があるんで。


「実質引退した垢をどう扱うかみなさんも考えてみませんか?」というテーマに戻りますが、公開されていた種牡馬の解除が行われた現状だと使い道は無いんじゃないでしょうか。
長期間INされていないアカウントについては、復帰する意思の有無が本人でないと判らない事なので、馬主会から除名したとしてもサーバー内で放浪させるのではなく、復帰支援場所みたいなところにアカウントデータ毎保存されたりしてたら良いなと思います。そこで、再度チュートリアルというか、仕様が変わった事を伝え運営のシステムで有る程度の復帰支援をするとか。

一部のサーバー以外は賑やかでは無いだろうし、増やし過ぎたサーバーの整理(合併とか)をしつつ、そういった箇所にサーバーの容量を使えないものかと思います。


ネタ振りに応えられたでしょうか?
きっと賑やかなサーバーや、大手馬主会の会長さん達はもっと違う考えをお持ちだと思いますので、そこにもネタ振りしてみて下さいw




オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~産駒誕生育成編③~

オープンレースは勝ったけど、その後が・・・~産駒誕生育成編③~


競馬伝説Live!攻略ガイド@公式
http://www.k-den.jp/kl_guide/kouryaku/index.html

上記は、公式攻略ガイドです。ゲーム内で見る事が出来ますしオリジナル系統以外のニックスの確認も出来ます。意外と使えますので、参考にどうぞ。


■入厩OKからレース出走まで

入厩OKのコメントが出たら、さっそく入厩して本格的な調教を始めます。

この段階で体重はベスト体重よりプラス30㌔ほどになっています。

1週目の調教から自分は併せ一杯を行いますが、プール6週×2で一気に馬体重を落とすプレイヤーも多いです。正直に言うと、調教に正解は無いと思っています。馬体重や疲労の蓄積は馬によって違いますし、調教施設の違いによっても色々変わりますから。

体重がベスト体重に近づいたら、まずゲート調教をしてみましょう。
牧場でのペット効果でゲート能力が上がっていると、1回~数回で下記コメントが貰えます。

ゲートOKコメント


上記コメントが何回やっても出ない場合、残念ながらゲート能力が足りない可能性を疑ってください。
その場合、その後何度やっても下記コメントのみ表示されます。

ゲートOKコメント-2

上記コメントが何度も出る場合は、残念ながらゲート能力が低く若干タイムが落ちる事となります。ゲーム内では0.1秒の違いで約半馬身の差がつきますので、正直致命的と言って良いくらいです。「ゲート突破指定」カードを使い限界突破を繰り返す事で現ゲート能力を上げる事は出来ますが、その調教期間やカードが無駄になる可能性が高いのも3歳クラシックレースです。(晩成の期待出来る競走馬に使用した方が良いでしょう)
自分はゲート能力が低い場合は2歳の期間全てを併せ調教します。運が良ければ、ゲート能力の才能が開花しSSSになる場合もあり、レースに使える状況になるかもしれません。また、他の能力の才能が開花する可能性もありその場合は繁殖として使う事が出来るからです。2歳いっぱいで開花も何もしない場合は、残念ながら乗馬クラブへ旅立ってもらっています。



【現在の自分の厩舎の施設状況】
坂路L・・・・馬主Lv11以上
ウッドL・・・馬主Lv11以上
プール・・・・馬主Lv2以上
森林馬道L・・馬主Lv12以上
温泉L・・・・馬主Lv12以上
牧草場・・・・馬主Lv13以上


基本、全てオープン戦の勝利と経験値だけで手に入れる事が出来る施設です。
(現仕様でベストな調教施設だと思います)
その中で、Lに拡張可能なプールのみ施設ランクSにしています。
これはレース前に馬体重を併せるときに、プールSで2周調教を行うと、体重がマイナス2㌔となりますが、疲労も少なく調子が少しだけ変動します。これは、大豆やビール酵母で体重や疲労を調整できるので、とても便利です。これが、プールLの2周調教だとマイナス4㌔となり、馬体重と疲労、調子を合わせるのが少々大変なので、比較的調整し易い施設のプールSにしています。

実際、産駒の成長型、どの重賞を目指すか、どこのサーバーに在籍するかによって若干調教方法が変わるのですが、3歳春のクラシックレースを目指す場合、基本2歳時は全て調教に充てても良いと思っています。3歳になってからレースを使っても、無料アカウントであっても出走可能な状況になると思います。

本番レースに出走する場合、産駒の成長型によりレースタイムを短縮できる可能性があります。
下記画像をご覧下さい。

補正


上がり馬補正・・・成長がやや早以降の競走馬が対象
・前走からレース間隔が8週以内、その結果が3着以内(1着が一番高い効果を得られる)


テッポウ補正・・・成長が、超早熟、早熟の競走馬が対象
・前走からレース間隔が12週以上

※調子が頂点に近い~、気性がA~、成長中等は満たしている前提です。

上記を注意して出走する事が大切です。
ただし、テッポウ補正は50%の確率でマイナス補正が発生するので、凡走する可能性も上昇します。

また、前走のレースは全レースが対象となります。
3着以内となるのが難しい重賞やオープンレースに出走する必要はありません。賞金などの面で除外等の問題が無ければ条件戦、極端なところ新馬、未勝利戦等どのレースからでも良いのです。そう考えれば、かなりの数のレース選択が可能となりますので、馬の成長や他ユーザーの馬の状況を観察しながらレースを選んでいきましょう。