03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

88S5月2週 

昨日出走してた英2000ギニー、システムにも劣る8番人気ながら激走して勝利。
しかも、レースタイムも良馬場換算で1.30.8と、まぁ他サーバーでもぼちぼちのタイム?だと思います。
ここ数日、生産結果、限界突破、アビリティだの書いてましたが、じゃどんな馬が勝ったんだっていうね。

ギルガメッシュ
ギルガメッシュ-アビ


一緒に走った競走馬の能力や調子はわからないけれど、とりあえずこんな感じです。調子の山が変なのはご愛敬。
意図的に突破もしてなければアビリティも付けようとしてません。レース後の馬体重も-4㌔だったので、大駆けの発動は無かったでしょう。と、考えるとSSSが何かしら発動したっぽい。

もし、このレースに限らず一緒に走った馬主さんが意図的に突破やアビ付けを行ってたとしたら・・・怒っちゃいそうです(お金掛けてもね、競走馬の能力以前の問題で不確定要素が結果に反映しすぎる)。逆に、このくらいの能力やアビリティで運が良ければっていう事も事実なわけです。

調子も体重も連戦出来そうなので、調子に乗って愛2000ギニーにも登録しちゃいましたが、ここで化けの皮が剥がれるでしょうw
ケンタッキーに出走した馬も居ましたが、まぁ予想通りの結果でした。
レース後、芝が得意なんだよ!って、言われましたけど。


スポンサーサイト

カテゴリ:競馬伝説日記

2017/04/23 Sun. 09:36 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

88S5月1週 

とりあえず、やってみた。
仙人

仙人らしいよw
既にそんな感じですけどね、もっとひっそりヤレって事だろうか。


さて、アビリティ消滅緩和ですが、重賞だけ見てみました。

フローラSは、1着の勝ちタイムから2秒以上で3頭が対象。
マイラーズCは、1着の勝ちタイムから2秒以上で1頭が対象。
福島牝馬Sは、1着の勝ちタイムから2秒以上で0頭が対象。


という結果でした。
まぁ、レースによって結果が大きく変わるからなんとも言えないけどね。この2秒というところが妥当なのか、それとも廃止が妥当なのか。

今日、珍しく鈴さんとチャットしました。
しかも午前中にw
明るい時間に鈴さんを見かけるのは珍しい事ですけど、まぁ鈴さんからしたらお互い様ですね。

会話してて、その時改めて思ったけど、アビ消滅やその緩和、SSSの発動有無は別に良いんだけど、やはりもう少し生産の結果を考えて貰えないかなと。
強活性牝馬万歳は運営方針として利益が得られる箇所としてもちろん納得。
単純に全て良くすれって言ってる訳じゃ無く、競馬伝説というゲームでのきちっとした生産理論を確立して、それにともなった生産結果を得られるような、もちろんそこにはある程度のバラつきが必要になる(また能力のインフレ=アビ発動合戦になる)訳だけど、「ニックス、インブリード、アウトブリード、はいどうぞ!」、「後は、アイテムフルコンボ(お金使ってね♡)」とか書かれてもね。

何時だったかのアップデート予定に、未定だけどそんな感じの記事があった気がします。
もう既に手がけてるのかは判りませんが、今のままだと中位、下位は繁殖をレベルUpさせてくのは非常に困難です。1頭で1Sにつき1頭しか誕生しない訳ですから。生産結果が安定しないと、既存ユーザーも新規ユーザーも離れていくだけです。

そして、さらに良いと思える馬にアイテムを使い、限界突破&アビリティを10個以上つけて勝てないとかね。最悪です。

うちは余程の事が無い限り基本アビリティ付けたり突破もさせないので、ほぼ育成等にお金はかけません。運営さんには申し訳ないけど、ここ数年は基本月額課金のみです。いつだったかSR3倍の時にカー伝回してみたけど、安定の天井80回でした。
んーと思える微妙なアイテムと「3倍でコレ?もう絶対回さない!」という、決意だけが残りました。

書いててよく判らなくなってきたけど、とりあえず

カー伝の安定の80回転もそうだけど、生産結果をもう少し考えて貰わないと、誰も居なくなりますよーっていう、仙人のお話でした。

カテゴリ:競馬伝説日記

2017/04/22 Sat. 18:00 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

88S4月4週 

アスコットサーバーでは一昨日桜花賞が、昨日皐月賞が開催されました。

で、興味があったのはタイム差です。

桜花賞は、1着の勝ちタイムから2秒以上で3頭が対象。
皐月賞は、1着の勝ちタイムから2秒以上で0頭が対象。


ついでに中央のオープン戦や、重賞レースも見てみましたが

ニュージーランドTは、1着の勝ちタイムから2秒以上で1頭が対象。
京葉Sは、1着の勝ちタイムから2秒以上で2頭が対象。
春雷Sは、1着の勝ちタイムから2秒以上で1頭が対象。
阪神牝馬Sは、1着の勝ちタイムから2秒以上で2頭が対象。
大阪HCは、1着の勝ちタイムから2秒以上で0頭が対象。
アンタレスSは、1着の勝ちタイムから2秒以上で2頭が対象。
福島民放杯は、1着の勝ちタイムから2秒以上で1頭が対象。


だったと、思います。
地方のオープンレースはもう少し対象頭数が1~3頭くらいでした。

このアビリティ消滅対象となった、競走馬のアビリティがどの程度消滅したかは判りませんが、

とあるレース

最下位の競走馬の持つアビリティは、消えませんでした。
(登録も少なかったし登録したんだけど、初心者のオープンクラスってレースが無いので、地方とかに出ないと駄目なんだよね。)

ほんと、古馬の条件戦も出すレース考えないと、折角覚えてもオープンクラスのレースに挑戦する頃にはアビリティ無くなってるかもね。(1着のとくすけさんをはじめ他の馬主さんに対する他意はありません。)



”虚弱”だけどねwww

昔マイナスアビリティを単発で覚えたら、故障させて消してた記憶が蘇ったわ。




活性系統アカウントの方は、順調に3つのアカウントがGCSSをクリア。
他のアカウントもLv9まで上がったので、GCSSに挑戦する権利を得ました。上手くいけば今S中に全部上がれるかな。



カテゴリ:競馬伝説日記

2017/04/21 Fri. 09:47 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top

88S4月3週 

メンテナンスが終わって、アビリティ消滅の緩和が実装されたようです。

これが良いのか、悪いのか。
各サーバー上位の馬主さん達にとっては「ふーん」、「ラッキー」って感じじゃないでしょうか?だって、少数頭の出走になりがちな海外のGⅠレースに出ても、アビリティ消滅の可能性がほぼ無くなる訳ですからね。アビリティの消滅を考えてレース選択をする必要が無くなったって事です。

逆にこれから重賞やGⅠ勝ちを狙っていこうと考えている馬主さんにとっては、どうなのか。
上位の馬主さんがどんどんGⅠに登録するもんだから、それだけ勝てる確率はどんどん下がります。さらにユーザー最下位にならなくてもアビリティが消滅する可能性は、タイム差2秒以上あれば全て対象になっていく訳ですからね。逆に登録には、慎重になってしまうかもしれませんね。

じゃ、どうするかっていうと、能力やフリーレースでタイムをチェックしたり、登録馬をチェックすると思うんですが、それが良くない結果だとしたら最終的には
勝て無さそうなレースには登録しない。
ここに辿りついちゃいますね。


アビリティ消滅緩和の特設ページで
「レース出走が行いやすくなりました!」
ここまで強調するような事でも無いと思うし、条件さえあえばレース出走は誰でも出来る訳でね。


「上位が速ければ速いほど、中位、下位が厳しくなる」
(これは疑い様の無い事実)

上位はアビリティ消滅の可能性がほぼ無くなり、中位、下位は最下位にならなくてもタイム差が2秒以上あればアビリティ消滅の確率が上がる。そうならない為には、限界突破とアビリティ習得の為にカードやお金を使わざるを得ない。
企業ですから、必ずアップデート等には何かしら増収の可能性があるから行う訳で、多少なりともお金を使っている無料アカウントの少額課金馬主や課金アカウントの月額課金のみ方が満足のいく結果が得られなければ、どんどん辞めちゃいますよね。(ユーザー実数は判らないけど、もう既にそうかもしれない)


アビリティ消滅の緩和だけにスポットを当ててみたけど、新たに実装された「性格」がレースタイムや生産に及ぼす影響によって、良いバランスがとれてればいいんだけどね。


ただ、生産結果がもう少し良くならないと、ユーザー数は減少の一途でしょう。
アイテムを使っても、毎Sのように劣化していく繁殖達をどうすれと。
まぁ、オオクワガタ、コクワガタ、血統辞典、生産ガイド、カー伝回して活性繁殖牝馬使って欲しいんだろうけど、そうそう全員が使える状態で無い事は、運営が一番判っていると思う。全て使っても中々思ったような生産結果は得られないからね。
確かアカウント作ってるって記事であったはずだから、ウチナーさんの厩舎状況とか、見てみたいですね。
そして、競走馬の戦績とかね。まぁ、出走してるかどうか判りませんけどね。

そうそう、久しぶりに海外挑戦したドバイetcは、惨敗でしたね。
因みに2秒差に照らし合わせてみると、アビリティ消滅対象はゼロ。
常にGⅠに出走するような競走馬や馬主さんには、「アビリティの消滅が無くなっただけ」という結果だけが残りました。
本日からアスコットサーバーはクラシックシーズンがスタートです。
ここは、挑戦する馬主さんも多いと思うので、どんな結果になっていくのか様子を見てみましょう。

カテゴリ:競馬伝説日記

2017/04/20 Thu. 10:01 -edit- Trackback 0 / Comment 2

△page top

88S4月1週 

さて、明日のメンテナンスで、アビリティの消滅条件が緩和されます。

『運営のブログより抜粋』
①アビリティ消滅条件の改善

レースによるアビリティ消滅条件を従来の着順から1着とのタイム差に変更いたします。
また、格上挑戦(競走馬のクラスより上位のクラスでの出走)を行った場合は、消滅条件に該当しても、アビリティ消滅が免除されるようになります


という訳なんですが・・・

格上挑戦する場合は、アビリティ消滅が無し!
となるので、国内のGⅠを狙う場合は、ちまちま条件戦は使わないで、ピンポイントの出走登録が良いかも知れません。

これにより競走馬の賞金が足りない状況であっても、出したいオープン戦や重賞で出走頭数が登録可能である事が絶対条件ですが、効率的に馬主Lvを上げていく(決まったGⅠを勝たなければならない)のに便利かも知れません。特に成長遅めの競走馬なんかに良いんじゃないでしょうか?

未勝利でも条件戦でもとりあえず1勝する。

狙ったGⅠに登録する。
●狙ったGⅠに上がり補正を確実に持った状態で登録(出走)出来る。

●勝てればOK!
★勝てなければ、次の目標レースまでびっちり(突破、アビリティ習得、馬場適性の上昇)に費やし、条件戦で上がり補正を得て(2~3着が理想)、狙ったGⅠに登録(出走)する。もしくは、鉄砲補正を狙って8週以上間隔をあけて、目標レースに出走する。

の繰り返し。これを何頭かで行う事が出来れば、希望レースにプラスの補正を持ったまま出走する事が出来そうです。しかも、負けてもアビリティの消滅はなしという公式のお墨付き。

国内GⅠ勝利だけに徹するなら、重賞やオープンレースを使う必要が全く無くなってしまう訳で、ユーザーの少ないサーバーでは可能な戦略の1つになるのではないでしょうか。一応、1着とのタイム差がどれくらいで消滅ラインを超え、確率が高くなってくるかは判りませんが、フリーレースと現相馬眼でタイムはほぼ予想出来るので、ちょっとした確認は必要かも知れませんが。。。

さらに海外GⅠではアビリティの消滅は限りなく可能性が低い状態になるんじゃないでしょうか?海外に行くにはオープンクラスを勝っていないと駄目な訳で、そうなるとある程度のタイムで走る事は判り切ってますから、変に国内で走らせるよりアビリティの消滅の可能性が低くなるんじゃないかと。

既にオープンクラスの競走馬の上がり補正の維持は・・・

増設された海外GⅠレースを連戦

国内GⅠを狙う場合(併せ調教の場合)は帰国

海増設された海外GⅠレースを連戦

これは極端な例ですが、自身の厩舎が日本ではなく海外を拠点にしているかのようなローテーションがうまれるかもしれませんね。

カテゴリ:競馬伝説日記

2017/04/18 Tue. 00:03 -edit- Trackback 0 / Comment 0

△page top